素敵な化学反応が生まれる複合施設

BEAKER NIHONBASHI NINGYOCHO

CLIENT 三井不動産(株) / (株)リビタ
PROJECT ビーカー日本橋人形町
WEBSITE VISIT SITE

CREATIVE MENU

  • BUSINESS PLANING

  • CONCEPT WORK

  • LOGO DESIGN

  • GRAPHIC DESIGN

  • WEB DESIGN

  • PRODUCT DESIGN

  • FOOD MENU PRODUCE

  • INTERIOR DESIGN

  • ARCHITECT

BACKGROUND / CONCEPT

日本橋人形町の築40年のビルをリブランディングおよびコンヴァージョンしました。ビールの1Fには地元レストランの新業態の飲食店舗、2Fと3Fにはリビタが運営する12戸のシェアハウス、2F〜4Fには三井不動産が運営する9戸のスモールオフィスという3つが共存するシェア型複合施設として生まれ変わりました。


NAMING / LOGO

食べる、住む、働くという3つの要素が交わることにより、「素敵な化学反応」が起こることをイメージして BEAKER(ビーカー)という施設名としました。ロゴデザインは、ビーカーの中で異なる要素が化学反応を起こすイメージをシンボリックなBとしてデザインしています。

COMMUNICATION DESIGN

施設案内は、冊子形態ではなく、敢えて透明の袋をビーカーにみたて、その中にポストカードを複数入れています。ポストカードには、施設の特徴的な要素を1枚に1つ丁寧に綴っています。施設カードは、BEAKERということで、水の中でも劣化しないユポ紙を採用しています。

ロゴのシンボルをモチーフに「楽しさ」を感じてもらえるデザインとし、施設全体に統一感を創出しています。

ARCHITECTURE / FACADE

ファサードは、ブランドカラーのグリーンとイエローを用い、ロゴデザイン同様、施設の中の化学反応を抽象的に表現しています。

INTERIOR DESIGN

「異なる種類のマテリアルやカラーによる化学反応」をコンセプトに、施設全体のインテリアをデザインしています。

ALL