アクリル素材のオリジナルファニチャーブランド

TRANSPARENCY

CLIENT 新興プラスチックス株式会社
PROJECT トランスペアレンシー
WEBSITE VISIT SITE

CREATIVE MENU

  • BUSINESS PLANING

  • CONCEPT WORK

  • LOGO DESIGN

  • GRAPHIC DESIGN

  • WEB DESIGN

  • PRODUCT DESIGN

  • FOOD MENU PRODUCE

  • INTERIOR DESIGN

  • ARCHITECT


BACK GROUND / ACHIEVEMENT
創業80年のプラスチックの専門商社の新規事業として、アクリルをメインマテリアルとするオリジナルの家具ブランドをプロデュースしました。この事業には、ビジネスとして成功することに加え、もうひとつ大切な目的があります。それは、アクリルの正しい情報と魅力をインテリアや建築の分野のプロユーザーに対して伝えること。主要アクリル関連メーカーにも協賛いただき、アクリル業界全体のブランディング的側面も併せ持つプロジェクトになっています。

NAMING / LOGO





アクリルは、一般に無色透明のイメージがあり、実際ガラスよりも光透過性は高い素材です。そこで、透明性という意味の”トランスペアレンシー”をブランド名としました。

CONCEPT / SLOGAN



「BLENDS IN EVERYWHERE」 どこにでも空気のように馴染むこと。アクリルの特徴である「透明感」と太陽光や雨にも強い「耐候性」。この2つの特性を1つのコトバにし、コンセプトとしました。

COMMUNICATION DESIGN







ブランドローンチから現在まで、TRANSPARENCY=透明の家具というイメージをターゲットに浸透させるため、名刺、インビテーション、ノベルティなどすべて透明で統一しています。コミュニケーションスピードを考えたデザインアプローチです。





ファーストビューでは、TRANSPARENCYの家具が「全天候型であること」をストレートに伝えるため、2つのビジュアルが切り替わるデザインを採用しています。プロダクトページは、写真や詳細情報だけでなく、カタログデータをダウンロードできるようしています。

PRODUCT DESIGN



硬質なイメージのアクリルを3次曲線でデザインすることで、柔らな雰囲気かつ包み込まれるような座り心地の椅子としてデザインしています。





ガラスでは表現が難しい無色透明の分厚い天板。アクリルならではの25mmというリッチな厚みの天板を主役にしたテーブルデザインです。

SHOWROOM DESIGN





アクリルがあらゆる素材と相性がいいことを伝えるために、床面に多種多様な素材を使用しています。コンセプトである「BLENDS IN EVERYWHERE」を体感できるショールームになっています。

EVENT





全天候型プロダクト(ステンレス製フレーム)とインテリア専用プロダクト(木製フレーム)の2種類の家具があることを視覚的に伝えるデザインになっています。 全体をブランドカラーであるグレーで統一しながら、それぞれの家具に合わせて、床の素材を人工芝とカーペットで切り分け、さらにはカーテンで間仕切っています。
photo : Interior Lifestyle Tokyo 2019